万代書店松江店について少し

あけましておめでとうございます

もう4日ですか

2016年ですね

 

 

実家に帰ると最近は必ず万代書店松江店に行きます

万代書店は、アレですね。リサイクルショップです

オフハウス系じゃなくて趣味のものが乱雑に置いてある系の、あの系統の

 

万代書店松江店は以前は島根県玉湯町に店舗がありました

2005年の市町村合併玉湯町松江市に統合され、万代書店松江店になり、2013年(2014年だったかも?)に現在の松江市街地の店舗に移転してアクセスが楽になりました

 

もしあなたが中古の楽器を見るのが好きなら、松江に来た際はこのお店に立ち寄ることをお勧めします

せっかく紹介するんだから写真とか撮っとけばよかったんですが、すみません気が付きませんでした

 

楽器のコーナーはお店の右側の入り口から入って、ゲームコーナーを右に抜けると見えます

適当にお店入ってぐるっと回っても多分見つかりますが

 

ギター本体はまだ大したものは置いてませんね

殆どが Photogenic とか Selder とかあのあたりで、たまに Epiphone, Gibson とか Fender USA は合わせて数本くらいです

2年前 Danelectro のギターリン(30フレットまであるビザールなやつ)とか見たみたいに、たまに変わったものもあるんですが

 

エフェクターが数自体は多くはないんですが、そこそこ珍しいものが置いてあってよく買います

リサイクル店で頻繁に見る80年代90年代のヤマハとかよく知らないメーカーの筐体がプラスチックのとか、ああいうのもアディクティヴというか、魅力があるんですがもっと良いのもありますよ

70年代のイタリア製だったころのクライベイビーとか、あと今回は Boss DM-2 とかも置いてありました

福岡にいた頃でも見たことないメーカーのペダルとか、島根のどこから出てきたんでしょうね

多分通販で買ってそれが流れてるんだと思いますが、そこそこの地方都市の郊外のハードオフとかより面白いもの置いてあります

実際ハードオフ吉塚店(検索しても出ないから記憶違い or 閉店かも)、学生時代よく言ったんですがボスとかベリンガーしかないあそこよりかは魅力的だと思います

値段も変にプレミア価格つけたりしないとこ良いですね

 

 

楽器コーナーの環境ですがこれが悪いというかまだ全然整ってません

 

楽器担当のスタッフが以前いたはずなんですが、今はもういないかお正月で休みだったか

どちらかは分かんないんですけど今回エフェクターの試奏を頼んだ際にはあまり事情が分かってなさそうな人が就きました

「(試奏につかう)ギターはこれでいいですかね」って言って指したのがベースだったり

エフェクターに電源が必要だと気付いて持ってきたのが電池で、ドライバー使わないと電池入れられないペダルだったりそもそもアダプタでしか駆動しないペダルがある状況を考えていなかったり

試奏用ギターが常設されてなくて、商品のギターを使うことになるんですが、盗難防止用のタグがワイヤーでネックに留められたまま渡されて「これは取れないんですか」と聞くと「そのままで使って頂くしかないですね」と言われたり。当然まともに弾けませんでした

試奏用のピックもなかったり、椅子もなかったり

アンプも商品のを使うことになるんですが、これは自分で好きな機種を選べます

デフォルトだと Photogenic の小さいやつでセットされかけるんですが、「アンプ多分これが良いですよ」と Roland のアンプ指定したらそれにしてもらえました

 

こんな状況で「試奏大歓迎」のポスターを掲げられてもポーズだけだなって判断しかしてもらえないですよね

まあどれだけ文句言ってもエフェクターは買っちゃいます

移転して2年間この状態

椅子もピックもない楽器コーナーが普通じゃないなんて2年あれば気付く場面も今まであったはずと思いますよ

これからもっと整っていくと利用しやすくなりますが

商品は良いもの揃ってるので

期待してます

 

万代書店松江店を利用する時の参考になれば